トップページケーブルテレビよくある質問 > デジタル放送

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ
よくある質問
デジタル放送

CATVがデジタル化したら、どうなりますか?
  • デジタル放送の直接受信と同じように、高画質・高品質はもちろん、双方向やデータ放送、EPG(電子番組表)、マルチ放送などが楽しめます。 チャンネル数の増加やメニューの追加、将来的には見たい番組だけ視聴する(PPV:Pay Per View)といったことも可能になる予定です。
    ※デジタルハイビジョン放送の高画質をお楽しみいただくためには、HDMI端子やD3端子以上に対応したテレビが必要です。

CATVがデジタル化したらテレビを買い換えなくてはいけないのですか?
  • テレビを買い換える必要はありません。
    従来のワイドテレビ(16:9)や標準テレビ(4:3)については、AVケーブルやS端子、コンポーネント端子(Y/Cb/Cr)、D1・D2端子などで STBと接続することによって、標準画質のデジタル放送を見る事ができます。また、ハイビジョン放送は標準画質の視聴となります。
    あくまでテレビの買い替えについては、お客様の判断によります。
    もちろん、デジタルハイビジョン対応テレビであれば、HDMI端子ケーブルやD端子ケーブルでSTBと接続することで、デジタル特有の高画質などの恩恵を受けることができます。

B-CAS(ビーキャス)カードってなんですか?
  • BSデジタル放送や地上デジタルテレビ放送を見るために必要な、視聴制御カードです。放送がデジタルになるゆえに著作権の保護が重要となり、違法行為となる不正コピーの流通を未然に防ぐ必要があるからです。このカードをSTBに差し込むことによって、BSデジタル放送や地上デジタルテレビ放送を視聴することができるようになります。

デジタル放送画面で黒い帯が表示されるのは何故?
  • 番組ごとに放送信号(アスペクト比)が異なるため、上下・左右に黒い帯が表示されることがあります。デジタル放送用にハイビジョンで製作された番組は16:9のアスペクト比で放送している為、4:3のテレビで受信されている場合、上下に黒い帯が表示されます。
    また、アナログ放送用に標準画質(SD)で製作された番組は4:3のアスペクト比で放送している為、16:9のテレビで受信されている場合、左右に黒い帯が表示されます。